永住支援メニュー
フィリピン永住に関する全体の流れを順に追っていくことで、その基本情報が閲覧できます。
1.フィリピンでスローライフ! ⇒ なぜフィリピンでスローライフなのか? > フィリピン生活のメリット > 海外旅行傷害保険への加入 > 
2.特別居住退職者ビザ(SRRV)取得 ⇒ SRRV取得申請の前に > SRRV取得手続概要 > 取得所要日数&費用 > 
3.住居の決定 ⇒ 住宅取得概要
フィリピン生活準備から居住後の基本情報については、メニューバーの「フィリピン生活」をクリック
特別居住退職者ビザ(SRRV)取得/SRRV取得申請の前に
 SRRV申請手続をするにあたり、後になって後悔するなどということのないように、事前にフィリピンを訪問され、フィリピンの事情をつぶさに調査し、納得した上で意思決定されることをお勧めします。SRRVの申請はフィリピンのPRA事務所で受け付けています。日本から在日フィリピン大使館を経由して申請することは、時間が大変かかることと有効期限が1年となるためお勧めできません。ご本人(家族を同行される場合、ご家族全員)がフィリピンを訪問し、必要な書類をそろえた上で申請して下さい。ご家族は、必ずしもPRAに行く必要はありません。必要書類の準備に4日、ビザ発行に5日〜7日、土日も含めると最低2週間のフィリピン滞在が必要となります(現在NBIクリアランス並びに入管のビザ発行が遅れ気味で余裕を見て3週間程度の滞在が必要となっています)。ビザ発行を待っている間、住宅の調査、フィリピンの観光等を予定に組み込むことをお勧めします。
 弊財団ではフィリピン銀行の預金口座開設を本人の渡比なしでの開設、フィリピン退職庁(PRA)公認機関として、SRRV申請費用、案内人及び交通費等の実費以外は無料で申請手続のお手伝いを致しております。

「SRRV取得手続概要」に続く
「文字サイズの変更」についてはこちらから フィリピン関係リンクはこちらから 財団に関するお問い合せはこちらから
トップページ | 財団概要 | 永住支援 | 事業活動 | フィリピン生活 | 情報掲示板 | 資料室